指輪のサイズが大きくてぶかぶか!小さく自分で直すのはアリ?

生活

指輪のサイズが合わなくてつけている間に抜けちゃったらどうしよう??

特に女性はむくみや体形の変化で指輪のサイズが変わりやすいといわれています。
実は私もダイエットに成功したのは良いものの、結婚指輪がぶかぶか。

大切な指輪だし、割と高価なものなので、買い替えるという選択肢はありません^^;

でも指輪のサイズ直しってお金がかかるだろうし・・・
莫大なお金を請求されたらどうしよう!?
自分でなんとかできないものだろうか・・・

そんな私と同じお悩みをお持ちの方に今回は指輪のサイズ直しについてのお話です。

スポンサードリンク

指輪サイズを小さくするのは購入店や専門店じゃないと危ない


自分で指輪のサイズを小さくする・・・できないことはありません。

指輪を切って、溶接するだけです(だけって・・・)

普通の人は溶接する器具なんて持っていないでしょうし、
素人が溶接に手を出すのは危険です。

一番安全なのは、その指輪を買ったお店に持っていくことです。
指輪を取り扱っている宝石店なら、指輪を作る職人さんが確実にいるでしょうし、
サイズ直しの依頼もたくさんきているはずですから、経験も豊かなはずです。

引っ越し等をして、指輪を買ったお店が遠いという時には
他のお店で買ったものでも直してくれるお店か、
サイズ直し専門の業者にお願いすることをおすすめします。

今はオーダーメイドでジュエリーを作ってくれるお店や、
親からもらったものをリフォームしてくれるお店も増えているので、
そういったお店ではほぼ間違いなく受け付けてもらえるはずです。

指輪直しの値段は?期間はどれくらいかかる?


お店に頼むのは良いけど、気になるのが値段。

スポンサードリンク

一般的にサイズダウンの場合は指輪をカットしたり
圧縮したりする手法を使うことが多いため、
2000~5000円程度で直してくれるみたいです。
サイズアップの場合は追加で材料費がかかることがあるため、
価格は変動しやすいみたいですね。

期間は1~2週間程度かかるところが多いみたいです。
大切な指輪を預けるわけですから、安心できるお店に任せたいですね。

指輪サイズが大きいときの対処法。サイズ直しなしの対策は?


1~2週間も大事な指輪を手放すなんて耐えられない!
どうしてもお金がない・・・

そんな人もいるかと思います。

では、指輪のサイズを変えずにぶかぶかになってしまった
指輪を使い続ける方法はあるのでしょうか?

①指輪を重ね着けする

まずサイズの大きい指輪をはめて、その上から
サイズぴったりの指輪を重ね付けする方法です。
抜けそうになっても重ね着けしている指輪が抜けをガードしてくれます。

でも、指輪同士がぶつかって傷がついてしまうことがあるので、注意しましょう。

②サイズ調整用グッズを使う

リングストッパー(リングアジャスター)という便利なものが発売されています。
指輪にくるくるとアジャスターをまきつけて、
指輪と指の間の隙間を埋めるというものです。
シリコンでできているので、傷つかず、透明で
指の腹側に巻けば目立つこともありません。
https://item.rakuten.co.jp/plusnao/zak-46325/
↑こちらを参考にしてみてくださいね。

もう1つ、ピタリングという商品があります。
こちらは巻き付けるどころか、はさむだけなので本当に目立たず
簡単に指と指輪の隙間を埋めることができます。↓
https://item.rakuten.co.jp/e-rubby/do-2400005827547/

③買い替える

お金に余裕のある人、パートナーにおねだりできる人なんかは
思い切って買い替えてしまいましょう(笑)

最後に


いかがでしたか?

一時的にしのぐにはアジャスターやピタリングを使うのも良いかもしれませんが、
結婚指輪や恋人からもらった指輪など、これから先もずっとつけている可能性の高いものはお店でしっかりサイズを直してもらった方が良さそうですね。

私もさっそく購入店に駆け込みたいと思います!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました