誰でも出来る焚き火のやり方!焚き火台を使って本格キャンプ

趣味

キャンプの醍醐味と言えばやはり「焚き火」でしょう。

揺らめく炎を眺めながら過ごす時間は、
安らぎのひと時。

焚き火を見ていると、なぜだか心が落ち着くものですよね。

そんな焚き火ですが、なんとかなるだろうと
きちんとやり方を把握していない方も多いのでは?

いざキャンプに行って、さっと準備できるよう
焚き火のやり方について詳しく知っておきましょう!

覚えておくと、役に立つこと間違いなしですよ!

スポンサードリンク

焚き火のやり方は?キャンプで必要なもの一覧


何事も準備が大事ですね。
焚き火で必要なものを用意し、キャンプ場へ繰り出しましょう!

焚き火で必要な道具

焚き火を楽しむためにはいろいろな道具や素材が必要です。
キャンプ場などでは売店があったりしますが、
余裕があれば自分で全部用意しておきたいですね。

焚き火台

地面で直接焚き火をする直焚き火がOKなキャンプ場もありますが、
この方法は土の中のバクテリアが死滅してしまい、
環境を壊してしまうのです。

大地を炎から守る為に、ぜひ使いましょう!

スノーピーク 焚き火台

キャンプ/c/2010000?q=%3Acreationtime%3Acamp%3A2010210&text=

ホームセンターやコンビニ、ネットでも購入できます。
キャンプ場で売っていることもありますよ!

火ばさみ、トング

薪をくべたり、火力調整の際に使いましょう。
火元から少し距離をとれる長めで強度の強いものだと
安全で良いでしょう♩

耐火グローブ

軍手など作業用の薄手グローブは危険です。
「あっつ!!」となった経験をお持ちの方も多いのでは?笑
厚手で革製のものがオススメですよ。

STANCO 耐火グローブ

dp/B002FANVBS?tag=mybest_presses_647-22

柄が長いライター

柄が長めの方が安全。
ターボやガス充填式だと風に強く、火の付きも良いですよ♩

SOTO スライドガストーチ
https://www.amazon.co.jp/ソト-SOTO-スライドガストーチ-ST-480-HTRC/dp/B004WMPFWA?psc=1&SubscriptionId=AKIAJFPRZEXNLLECT63A&tag=yamatabi0a-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B004WMPFWA

太い薪にいきなり火をつけても着火しません。
鉈で細く裂いて、焚き付け用の薪を作りましょう。

スポンサードリンク

新聞紙

最初の段階で火をつけるために持って行きます。

焚き火の服装で気をつけたいこと

準備万端!さぁ出かけよう!
ちょっとお待ちください!

化学繊維のウェアは火に弱いので
穴が空いてしまう危険が!

難燃素材やコットン100%のものを着用していきましょう♩

焚き火のやり方

準備も整ってワクワクが止まりませんね!
では、焚き火のやり方をご紹介していきます。

1 焚き火台をセットし、新聞紙を丸めて置く
初めての方は、新聞紙の中に着火剤を包んでおくと着火しやすいです。

2 小枝→太めの枝→薪の順で隙間を空けながら設置
小枝がない時は使い古した割り箸でも良いでしょう。

3 新聞紙に着火
4 火が回ってきたら、薪を少しずつ投入
5 後片付けはキチンと

消化しきれない時は「火消しつぼ」を使いましょう。
鎮火したら、ゴミ出しを。
その場ごとにルールが違うので、しっかり確認していきましょう!

分かりにくい方は動画を参考にしてみて下さいね♩

キャンプで焚き火を絶やさない方法

一度つけた炎、すぐに消えてしまうことは避けたい!
焚き火を絶やさず、長持ちさせる方法を知っておきましょう。

空気を送る

火がついてきた際に、空気を送り火を全体に回しましょう。
うちわで扇ぐくらいの緩やかな風でいいですよ。
空気と薪のバランスで、焚き火の火力をコントロールするのです。

薪は一本ずつ追加

一気に追加してしまうと、炎が消えてしまいます。
様子を見ながら一本ずつ。

ちょうどいい炎を保つ為に、薪をくべる作業も楽しみの一つ♩

薪は広葉樹を使おう

薪は主に2種類あります。

針葉樹→杉やヒノキなどの軽くてしなやかな木。
火はつきやすいが、燃え尽きが早い!
その為、焚きつけ(初めの着火剤)としての使用がオススメです。

広葉樹→ナラ、クヌギ、ケヤキなどの身がつまり重ための木
火はつきづらいが、長持ちする!
針葉樹と比べると、約2倍ほどの長持ち具合です。
炎を絶やさないようにするには、
広葉樹を使いましょう♩

まとめ


いかがでしたか?
やり方を覚えてしまえば、
簡単に火を起こすことができますよ。

大自然の中、ゆらゆらと揺らめく炎を眺め、ほっと息をつく。
一度焚き火を経験すると、すっかり魅了されてしまいますね。

さぁ、週末はキャンプに出かけましょう♩

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました