ブタクサの花粉が舞う時期はいつ?季節はずれの花粉症と思ったら疑うべき秋の草

秋のこと

夏も終わって、一息ついた秋頃、何だか鼻がムズムズするし、くしゃみも出る…。
風邪をひいているわけでもないのに、鼻がつまったり目が痒くなったり、
こういう症状が出るのは辛いですね。

何か花粉症っぽい?いやいや、もう秋なのにそんなわけないよね…。
それは、もしかしたら秋頃に咲く植物の花粉かも?
実は、花粉は春先のスギだけではないらしい!?
有名なスギ以外にも、キク科、イネ科…と、様々な種類の花粉が一年を通して飛んでいます。

スギ花粉の時期が過ぎても症状が治まらないなら
原因場ブタクサかもしれません。

スポンサードリンク

実は恐ろしいブタクサの花粉の飛散量とその時期


残念ながら花粉は一年中飛んでいると考えましょう。

また、地域によっても群生する植物により、
花粉の種類、量、飛散する時期は変わります。

ちなみに、一番花粉の飛散する地域は関東地方だそうです。
山が多いからでしょうか…?

その中で、ブタクサはキク科の植物で外来種だと言われています。
形は葉がギザギザしていてヨモギに似ています。

開花時期は7月~10月
丁度、春先のスギ花粉が落ち着いてきた頃に花が開くのですね。
実は、最近の調査の結果、ここ10年程ブタクサの花粉は増加傾向にあるそうです。

年々花粉が増えていますから、対策は必要かもしれません。

スポンサードリンク

そしてもう一つ注目するべき特徴は、ブタクサの花粉の大きさ。
その粒子は小さめで、スギと比べると二分の一の大きさしかありません。
飛散量はやはりスギやヒノキの方が多いのですが、粒が細かいため体に吸収されやすいのです。
他の花粉と変わらず、影響はあるようですね。

ブタクサの花粉いつまで飛ぶ?ピークはいつ?


スギよりも花粉の大きさが小さくて厄介そうなブタクサの花粉。
ブタクサは7月からが開花なので、遅くとも8月頃から花粉が飛び始めます。
そこから、多い地域では12月頃まで飛んでいるのです。

一番飛散量が多いピーク時期は8月~9月です。

わずかでも飛んでいる時期はなんと一年の半分…!

更に、ブタクサが生えている地域は「街中の道端、河原など」とされています。

ほぼ、どこにでも生えている草です!

うーん、道端でギザギザした葉っぱの雑草を見付けたら、
避けて通った方が良さそうですね…。
危なそうな草むらは避けたほうがいいでしょう。

ブタクサの花粉が舞う時期はいつ?~まとめ~


ブタクサ、と言われても、あんまりピンとこない、
スギやヒノキに比べると若干マイナー感は否めない…
という方は多いのではないでしょうか。

けれども、調べてみると油断できない花粉の出る植物のようです。

気を付ける時期を頭にいれて、しっかり対策して快適な秋を満喫しましょう。

花粉症の症状は、人によっては、重症化します。
場合によっては命に関わることになるかもしれないので、
酷い時は病院へ行きましょう。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました