何が違う?間違えやすい彼岸花と曼珠沙華の違いを解説!

秋のこと

田舎出身の私は、幼い頃お彼岸の時期になると
田んぼのあぜ道を真っ赤に染める彼岸花を見るのが大好きでした。

大人になって、彼岸花のことを
曼殊沙華と呼んでいる人がいることに気づきました。

同じ花なのになぜ呼び方が2つあるのでしょう??

そもそも本当に同じ花なのでしょうか??

疑問を解消すべく、調べてみました!

スポンサードリンク

彼岸花と曼珠沙華は同じ花?それぞれの由来を説明


彼岸花と曼殊沙華は同じ花なのでしょうか?
結論を言ってしまうと、彼岸花=曼殊沙華で間違いありません。

ではなぜ呼び方が2つあるのか?

彼岸花は鮮やかな赤い色の花をつけ、
ちょうど夏頃からお彼岸にかけてよくみられるようになる花です。
お彼岸の頃に咲くから「彼岸花」
とても簡単な理由ですね。

では曼殊沙華とは何でしょうか?

実は曼殊沙華は仏教上では伝説の花と位置づけられています。
由来はサンスクリット語であるとされていて、
天界で白いやわらかい花を咲かせるとされているんです。
実際の曼殊沙華も赤ではなく、白い花をつけるものもあって、
色によって花言葉も変わってくるそうです。

スポンサードリンク

「彼岸花」というとなんだけ不吉なイメージも少しつきまとう花ですが、
こう聞くと少しロマンチックな気がしてきました。

彼岸花とリコリスの違いはあるの?


ここまで彼岸花と曼殊沙華の違いを説明してきましたが、
もう1つ呼び方があるのをご存知ですか?

彼岸花はリコリスとも呼ばれています。
リコリスとは彼岸花の学名で、花としては同じものです。

ただ、「リコリス」と呼ぶときは彼岸花だげではなく
他の花が含まれている場合もあります。
リコリスというのは園芸上の分類名で、
「ヒガンバナ科リコリス属」に属している植物の総称をいうのです。

なので、私たちが慣れ親しんだ彼岸花とは
少し違った植物がそこには含まれるかもしれません。

彼岸花の別名は他にもたくさん!

曼殊沙華やリコリスの他にも彼岸花には
別名がたくさん存在していることをご存知ですか?
なんと、その別名は1000種類もあるといわれています!(果てしないですね)

代表的なものには

・死人花
・地獄花
・狐花
・毒花
・痺れ花

など、なんだか不吉な名前が並んでいます。
そもそも彼岸花には毒があり、中毒をおこすこともある様です。
そのキレイな姿とは裏腹に危ない毒をもっている。
名前の由来にはそんな彼岸花の特性も関係しているのでしょう。

最後に


幼い頃、見つけた彼岸花があまりにもキレイで
家に摘んで持って帰ったことがあります。
祖母にとても怒られたのを覚えています。

あの頃はどうして怒られたのかよくわかりませんでしたが、
こうして調べてみると理由がわかりました。

人に花を贈る時には花言葉にも注意したいものですね。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました